最近意外と女性から人気のある男性の商業として、消防士がよく話題になっています。消防士の男性と出会うことがあれば、そのチャンスは逃してはいけないなんて女性たちの中でもよく言われるものです。

ですが、消防士の男性に興味はあっても、実際に深く接する機会がなければ、結婚してどんな感じの感想を持つのかは分かりませんよね。消防士と結婚するメリット・デメリットはどんなものがあるのでしょうか。

今回は、消防士の男性と結婚して感じられるメリット・デメリットをそれぞれまとめてみました。消防士の男性と結婚したいという願望を持っている女性は、以下のポイントを参考にしつつ、結婚したらどうなるのかイメージを固めてみてくださいね。

メリット

公務員で安定している

消防士の男性と結婚する最大のメリットは、やはり公務員で安定している点にあると言っても過言ではありません。リストラの心配をしなくて良い、国に仕事を保証されているというのは、かなり有難いことです。なんだかんだ何があるか分からない世の中ですから、どれだけ大手企業に勤めていても、会社が倒産してリストラされてしまうリスクはあるものでしょう。

しかし、公務員であれば、自分自身が働ける限り基本的にリストラの心配はしなくて良いものです。結婚するのにあたって、これほど大きなメリットは正直ないでしょう。

また、消防士の職業は公務員の中でも、比較的高水準の給料が貰えることでも知られています。安月給に悩まされるという心配とも無縁なものです。消防士の男性の人気が高いのも頷けますね。

周囲からの評判がいい

自分や夫の職業について、なんだかんだ人からの評価って気になるものですよね。消防士は公務員なので、そんな周りからの評価を気にしてしまう人にとっても安心度が高いものです。消防士といえば子供も憧れる職業の一つです。消防士の仕事に就いているというだけで、「すごい」「偉い」などの評判を貰えることがほとんどです。

ちなみに周囲からの評判が良いことは、両親に結婚を反対されないというメリットを生みます。消防士の彼氏を連れてきて、職業を理由に結婚を反対する親はなかなかいないでしょう。消防士と言うだけで、立派で真面目な男性というイメージを持ってもらえることは間違いありませんからね。

また、友人からも羨ましがられることが多くなるでしょう。ちょっとした優越感に浸りながら「消防士の妻」になれるというのも、大きなメリットの一つになります。

体力が必要なので、年齢を重ねても若々しい

消防士は基本的に体育会系の仕事です。体力を必要とし、年齢を重ねても訓練を欠かさないため、年配者になっても若々しくいられることが多いのです。

消防士の男性のたくましさや男らしさに惹かれている女性も多いでしょう。そんな女性にとって、夫がいつまでも若々しい体つきを保っていられるのは、実は結構嬉しいことなのではないでしょうか。

また、体力があるということは、健康維持にも繋がります。運動不足は大病の元です。しかし消防士であれば普段から鍛えているため、運動不足から健康を害するような心配はほとんどないでしょう。年齢を重ねても夫が健康でいられること、とても当たり前のことですが、非常に重要なポイントなのではないでしょうか。

休みが多く家族の時間が過ごしやすい

消防士の男性は、忙しくて家を空けているイメージも強いものですが、実は休みは意外と多いです。というのも、何かあった際には緊急の呼び出しがあったり、仕事や訓練などが連続で続くようなこともあるため、振替の休日はかなり多く用意されているからからなのです。

そのため、意外と多くの時間を家族と過ごせることができます。自分自身が寂しい思いをしなくて済みますし、子供が産まれた際にも安心ですね。いくら優良物件である消防士の男性と結婚できても、相手となかなか会えないのでは本末転倒です。コミュニケーション不足は離婚の原因にもなりますし、やはりその点が不安という人も多いでしょう。

しかし消防士は、お伝えしたように、連続で休みを何日も貰うことも多いため、意外と家族と過ごす時間を持つことができるのです。家事や育児がワンオペになってしまう心配もないでしょう。

■【おすすめ記事】消防士と出会いたい女性へ|消防士と出会える方法まとめてみた!

デメリット

有事のときに、傍にいない

消防士の男性と結婚した際、やはりデメリットに感じられるのは、有事のときに夫が傍にいないということです。消防士は大規模な火事があったり、災害があったりした際は、仕事が優先され現場に駆り出されます。非常時であれば、休みであろうと緊急の呼び出しがあります。

結果的に何日も家に帰らないということはざらにあると言います。もちろん毎回のことではありませんが、有事のときに一家の大黒柱たる夫がいないのは、やはり心細いことですよね。覚悟はしていても、実際に仕事で夫が何日も家を空けることになると、不安に押しつぶされてしまいそうになる女性は多いと言います。それに、ただ仕事をしているのではなく、命の危険も伴います。心配にもなりますよね。

そのため、メンタルが弱い人や一人だと心細さを感じやすい人は、消防士と結婚してつらい思いをすることが多くなってしまいます。どちらかと言えば、一人でもたくましく家庭を守れるような女性の方が、消防士との結婚は向いているのかもしれません。

急な呼び出しで、時間が狂う

いくら仕事だからとはいっても、毎回消防士の仕事の急な呼び出しに振り回されるのは、意外と堪えると言います。まず、生活リズムが安定しません。夫の生活リズムに合わせようとする人も多いでしょうから、急な呼び出しに合わせていると、時間が狂ってしまって体調を崩してしまう女性も多いと言います。

夜寝て朝起きる、そんな規則正しい生活が遅れなければ気が済まないようなタイプの女性は、やはり消防士の男性と結婚して不便さやデメリットを感じる瞬間も多くなるでしょう。生活のリズムが狂いやすいことは、意外とかなりのストレスなものです。そこに来て育児などもプラスされてくれば、大変なのは言うまでもありませんね。

消防士の男性と結婚するなら、ある程度相手の不規則なリズムに合わせていかなければいけないこと、そしてそのせいでストレスに感じてしまう部分もあること、その点はあらかじめ認識しておいた方が良いでしょう。

飲み会が多い

消防士は飲み会が多い職業の一つです。男性社会ですから、大きな仕事が終わったあとは飲み会へ…という流れがお決まりのパターンとしてもはや出来上がっていることは多いものです。

そのせいで、仕事は終わっているのにいつまでも連絡がつかず、結局遅くになって酔っ払って帰ってくる…なんてことも少なくありません。いくら付き合いとは言っても、数が多いので思わず文句を言いたくなるような場面もあるかもしれません。

基本は男性同士のお酒の席ですから、女性がいるようなお店に飲みに行くようなことだってあるでしょう。「付き合いだとしても、妻がいながらキャバクラやスナックに行くなんて許せない!」という考え方の人は、正直、夫とうまくやれず苦労することも多くなりがちです。

遠出の旅行がしにくい

意外とかなりのデメリットとして感じられやすいのは、遠出の旅行がしにくいことです。消防士は、有事のために休みの日でも緊急招集に応じられるようにしておかなければいけないのが基本です。

もちろん全く旅行に行けないわけではありませんが、数や時期がどうしても限られてしまうため、新婚旅行ですら苦労する人も多いと言います。その後の家族旅行も、なかなか良いタイミングを見つけるのが難しくはなってくるでしょう。