結婚は誰だって失敗したくはないですよね。簡単にやり直せるものではありませんし、お互いの家族なども関係してくるため、自分たちだけの話ではないのが結婚というものです。結婚相手を選ぶ際には、あとで後悔しないような選び方をすることが必要不可欠になります。

では、結婚相手を選ぶ時には、どのような点を重視して相手を見極めていけば良いのでしょうか。相手が自分に合っている人かどうか、一緒にいてお互いに幸せを感じられる人かどうか、基準にするべきポイントは少し考えただけでもたくさんありますので、迷ってしまいがちです。

そこで今回は、後悔しない結婚相手の選び方についてご紹介します。結婚相手選びに迷っている人は、以下のポイントをぜひチェックしながら、自分に合う相手を見出してみてください。

家族を大切にしているか

まず一つ目として重視すべきポイントは、家族を大切にしているかどうかという点になります。自分の親兄弟を大切にしていない人が、自分や自分たちの子供、そしてこちらの両親たちを大切にしてくれると思いますか?残念ながら大切にしてくれる可能性は低いです。

傾向として、やはり家族をおざなりにするタイプの人は、結婚後も家庭を顧みず自分勝手な行動を取ることが多いです。性格の良さそうな人でも、家族をもし大切にしていないのであれば、結婚して一緒になることはあまりおすすめできません。

逆に家族を大切にしている人は、自分で家庭を持っても、その家庭を大切にしていくことがほとんどです。幸せな結婚生活を送るために、お互いが家庭を大事に思う姿勢を持つことは必要不可欠なことです。家庭を顧みてくれるタイプの人かどうかは、結婚前にしっかりと見極める必要があります。

相手の悪い部分を許せるか

相手との間に何も気になる部分はない…と思えるような素敵な人と結婚できれば、それが一番理想的です。しかしなかなかそう上手くもいかないでしょう。そもそも最初は気が合うように見えた二人でも、結婚して考え方が変わることもありますし、単純に年齢を重ねたことで性格に変化が表れる場合もあります。

そのため、結婚は相手の性格や考え方をどう受け入れていくかが重要になるのです。自分と異なる部分ももちろんですし、何より相手の悪い部分を許せるかはかなり大事なポイントになってきます。

今から相手のダメな部分くらいは売れ入れられるようでなければ、今後嫌な部分が増えても、良い関係を維持していくのは難しいでしょう。そのため、悪い部分を許せるような人を結婚相手に選べるのが一番ですね。

価値観が合うか

相手と価値観が合うかどうかはとても大事なポイントになります。価値観が似ていると、一緒にいて話がかみ合うことが多くなり、自然と喧嘩の数が少なくなるものです。喧嘩は意見の食い違いや勘違い、誤解などから起きるものですが、価値観が似ている人同士であればそもそも喧嘩のきっかけとなることがあまりありません。

平穏無事で幸せな結婚生活を送りたいなら、一緒にいて心地よさを感じる人、話がいつも合うと感じる人を選べるのが一番でしょう。心地良さを感じるということは、一緒にいてストレスを感じないということです。それはつまり考え方が似ていて、価値観が一致していることを意味します。

後悔しない結婚相手の選び方としては、価値観が似ている人を選ぶことを最優先にした方が良い…と言っても過言ではないかもしれません。逆に価値観が合わない人とは喧嘩が起こりやすくなり、一緒にいても窮屈さを感じるばかりです。

幸せにしてあげたいと心から思えるか

結婚相手を選ぶ際、相手を幸せにしてあげたいと心から思えるかどうかも大事です。相手を幸せにしてあげたいと思うということは、それだけ相手に愛情を注ぐことができるということです。恋愛と結婚は違うと言いますが、結婚でも愛情は必ず必要です。

むしろ深い愛情がなければ、一緒に家庭を築いていくなんて難しいですよね。どんな時でも相手を愛し、幸せにしてあげたい、一緒に幸せになりたいと思えるかどうかは重要なポイントです。もし相手に何か欠点があったとしても、幸せにしてあげたいと強い愛情を注げるなら、結婚する価値は十分にあるはずです。

素の自分を見せれるか

結婚しても相手に素の自分を見せられないと、結婚後は苦労するでしょう。

家庭でもいつも気が抜けないということになってしまいますので、結婚生活は間違いなく窮屈でストレスが溜まるものになります。

その点、相手に素の自分を見せることができれば、ストレスなく幸せな結婚生活を送ることができると言って良いはずです。いつでも気を張っていなければいけない相手と結婚するのでは、誰だって疲れてしまいますからね。結婚相手を選ぶ際は、素の自分を受け入れてくれる人かどうか、素を見せることができるかどうかをぜひ重視するようにしましょう。

素の自分を見せることができれば、何も恐れることはなくなります。自分の嫌な部分も相手が受け入れてくれるということになりますので、家庭が自分にとって一番落ち着ける場所になるということです。そんな安らぎのある家庭を築ける相手を選ぶことこそが、あとで後悔しない結婚相手を選ぶことなのです。

相手の家族を受け入れられるか

結婚は自分たちだけの問題ではありませんよね。自分の家族、相手の家族も関わってくるものです。結婚相手のことは気に入っていても、相手の家族を受け入れることができないと、正直結婚は難しいでしょう。例えば結婚相手は良い人でも、相手の家族が皆性格に少し難あり…ということでは、話が変わってきます。

どうしても相手の家族が受け入れられないのであれば、結婚は諦めることも視野に入れなければいけません。結婚するなら、相手の家族との付き合いは切っても切り離せないものになるからです。そのため、結婚を考えるなら、相手の家族との相性もしっかりと見極めたうえで決めていく必要があります。

また、相手が自分の家族を受け入れてくれるかどうかも重要です。こちらは相手の家族とうまくいっていても、結婚相手が自分の家族と相性が悪いのでは、これまた結婚は少し考えなければいけなくなる可能性が出てきます。自分たちだけで話を進めすぎたせいで、結婚後に相手の家族と相性が悪いと分かった…なんてことにはならないように気をつけましょう。

内面に惚れているか

内面に惚れているかどうかという点も、結婚相手を決めるうえではとても重要です。相手の内面、つまりは性格や信念、普段の姿勢やライフスタイルなどですね。外見やステータスのみに左右されず、その人の内面の良さに魅力を感じていれば、どんな時でも相手と上手くやっていける可能性は高いです。

しかし職業や年収、顔の好みなどを重視して結婚を決めてしまうと、性格の不一致から離婚に至る場合があります。内面に惚れていれば、たとえ相手がどんな状況になろうと支え合う意思を持つことができます。長い結婚生活ですから、トラブルも途中にはあるでしょう。そんな時にこそ、相手の内面を尊敬できることはとても大切なのです。

金銭感覚が合うか

相手と金銭感覚が合うかどうかも、ぜひ重視するようにしておいてください。結婚は一緒に家庭を作って、家計をともにやりくりしていくことです。当然ながら、同じような金銭感覚の持ち主同士でない限り、良い結婚生活は望めないはずです。

相手の金銭感覚があまりに他の人と比べてずれていると、一緒にいてストレスを感じることも多くなるでしょう。よくあるパターンとしては、ひどい浪費家なパターンです。ギャンブル好きだったり、買い物好きだったりすると、相手の浪費にこちらが振り回されることになってしまいますので、結婚を決める際は相手の金銭感覚をしっかりと確かめておくことが重要です。

⇒【おすすめ】効率的にピッタリの相手を探せる婚活方法