結婚できる人とできない人は、何が違うのでしょうか?

婚活に苦戦していると、結婚を決めていく人たちと自分との違いに悩むことって多くなりますよね。婚活をサボっているのならまだしも、しっかりと婚活しているはずなのに結婚が決まらないのでは、モチベーションも落ちてしまいます。

婚活ではモチベーションを保ち、根気よく続けていくことが重要になります。しかし結婚できる人とできない人の違いもよく分からずやみくもに行動しているのでは、時間と労力を無駄遣いしてしまっている可能性もあります。

自分の幸せをより早くつかむためにも、結婚できる人とできない人の違いについて理解をまずは深めてみませんか?もしかすると結婚がなかなか決まらないのは、結婚できない人の行動ばかりを取ってしまっている可能性があるかもしれませんよ。

勢いよく決断できるか

結婚は決断することです。より良い人と出会って結婚するというのがやはり理想的ではありますが、もっと良い人を…と相手探しに夢中になっていると、決めどころを見失う可能性があります。結婚できる人とできない人は、この決断力に差があることが多いのです。

結婚できる人は、自分にとって良い条件を兼ね備えている人が現れたら、タイミングや自分の状況を考えて、そのまま勢いよく決断できてしまう傾向があります。軽はずみなように見えて、この決断はとても大事なものです。なぜなら、より良い人を探そうとしてもキリがないのも事実だからです。相手探しにピリオドを打つのも自分次第ということです。

その点、結婚できない人は決断力に欠けることが多く、いつまでも無いものねだりをしてしまったり、理想的な人を追い求めようとしたりするところがあります。あの人もいい気がする、あの人も…といつまでも相手を決めかねていることで、そのまま婚期を逃してしまうことになりがちなのです。

待つだけでなく行動できるか

婚活で重要なのは、行動することです。婚活パーティーや婚活サイト、結婚相談所など、出会いの機会を自分に与えたことで満足しがちな人は、つい出会いに対して受け身になってしまっているところがあります。婚活の場では、待つだけではなく行動することが大事になってきます。

結婚できる人は、出会いに対して積極的で、行動も早いです。気になる人がいれば自分から話しかけに行ってアプローチし、自分の魅力をアピールしていくものです。しかし結婚できない人は、このような積極的な行動を避ける傾向があり、つい誰かから話しかけられることに期待してしまっているところがあります。

結婚が早く決まる人は、それなりに出会いの数も重ねているものです。つまり、それだけ積極的に行動し、出会いの数を増やしていったということです。

⇒出会いの増やし方が分からないあなたは、こちらがおすすめ

身の程を知って、高望みしていないか

結婚できない人は、相手に対してとにかくたくさんの好条件を求めてしまうところがあります。女性の場合は相手の男性に高い年収を求めたり、男性の場合は相手の女性に容姿の良さを求めたり…などですね。理想的な相手が見つかればそれが一番ですが、結婚を早く決めるためには、時には妥協も必要です。

結婚を早く決められる人は、高望みをまずしません。いろいろな人と出会うことを一番に考え、必要最低限のことしか相手には条件として求めないものです。好条件ばかりを求めても、なかなか自分とは釣り合わないだろうという謙虚さも持っているからでしょう。

高望みをしてしまいがちな人は、身の程をわきまえず相手にばかり求めてしまうところがあります。そのおかげで相手にされないことも多くなるため、余計に結婚のチャンスを取りこぼしてしまいがちなのです。高望みに心当たりがある人は、まずは一つ一つの出会いを大切にし、自分の身の丈に合った条件を求めることを心がけてみましょう。

相手を受け入れ、許すことができるか

結婚できる人は、相手を受け入れ、許すことができます。たとえ相手に気に入らない部分があったとしても、それもその人の一面と思って受け止めることができるのです。そのため必要以上の相手の嫌な部分を責めたりするようなことはありません。人間誰もが良い部分、悪い部分を持つものと思って受け入れる姿勢を大事にしているのです。

しかし結婚できない人は、相手を受け入れて許すことが苦手な傾向があります。相手の悪いところを見逃すことができず、自分と何から何まで合う人を探そうとしたり、非の打ち所がないような完璧な人を探そうとしてしまうところがあるのです。良い人がなかなか見つからなくなってしまうのは明らかですよね。

結婚を決めるうえで、相手の人柄を丸ごと受け入れられるかどうかは重要になります。悪いところも含めてその人、と思える柔軟性を持たなければ、結婚はうまくいかないでしょう。婚活に苦戦している人は、相手の悪い部分ばかりを見て二の足を踏んでいる可能性があります。悪い部分は悪い部分として、まずは相手の良い部分に目を向けることも大切にしてみてはいかがでしょうか?

運とタイミング

結婚が決まらないと自分に何か問題があるのでは…と重く考えてしまいがちです。確かに周りがどんどん結婚を決めていくなか、自分だけ結婚が決まらなかったら、自分自身に原因があると悲観的にとらえてしまう気持ちはありますよね。積極的に婚活しているのならなおさらです。

結婚できる・できないは、最終的に運とタイミングにもよってきます。その時の巡り合わせというものです。自分の巡り合わせが悪ければ、たとえ婚活を頑張っていても良い結果が得られないことはあります。その反面、巡り合わせが良ければ、そこまで必死に婚活をしていなかったのにも関わらず、幸運にも理想的な相手に出会える可能性はあるものです。

つまり結婚は、運とタイミングも関係してくるため、場合によってはそこまで悲観的になる必要もないということです。自分なりに積極的に婚活に励んでいるのなら、タイミングが巡ってくるときは必ず来ます。そのためにも、モチベーションは落とさず、前向きに婚活を頑張るようにしてみてくださいね。

スペックで相手を見ていないか

結婚できるかどうかは、相手をスペックで見ていないかどうかも関わってきます。結婚できる人は、相手のスペックばかりにとらわれていない人が多いです。職業や学歴、年収、家柄など、スペックに気持ちを奪われていると、前述したような高望みする姿勢がしみついてしまう可能性があります。

結婚できる人は、相手のスペックもプロフィールの一つとしてしかとらえていません。相手を見極めるうえでの判断材料の一つでしかないため、スペックで相手を見ていない人は、まず人柄や自分との相性を重視します。まずは相手の人柄をよく見て、自分と波長の合う人かどうかを見極めるのです。

すると人柄を重視した人の見方ができるようになり、それは自分自身の魅力にもなります。人柄をしっかりと見てくれる素敵な人という印象を持たれやすくなり、相手からも選ばれやすくなるというわけです。しかしスペックにとらわれてしまっている人は、相手のプロフィールだけを見て判断している嫌な感じの姿勢が相手にも伝わってしまいがちです。その結果、相手からも嫌な印象を持たれることが多くなってしまうというわけです。